はじめに

今回はアポスティーユについて投稿したいと思います!

アポスティーユってなに?という方も、アポスティーユという言葉だけは聞いたことがある!という方もいらっしゃると思います!

今回はそのアポスティーユについて詳しく説明したいと思います(*^◯^*)

アポスティーユってなに?

アポスティーユとは、簡単に言えば “ただの紙切れが大切な書類になる” って感じです(´∀`)

成績証明書や卒業証明書は、海外に送るとなると、国から証明されたちゃんとした書類です!!という証明をしないといけないんです!

とにかく、そんなにアポスティーユについて詳しく知らなくても、流れだけ知っておけば大丈夫だと思います〜(詳しく知りたい方は、まとめてくださっている方もいるので、調べてみてください!)

アポスティーユ取得までの流れ

①アポスティーユが必要な書類を用意する

②公証役場に持って行く

③地方法務局に送る(又は持って行く)

④外務省に送る(又は持って行く)

⑤完了

①アポスティーユが必要な書類を用意する

大体、最終学歴の証明書と成績証明書で必要になってくると思いますので必要書類を学校に問い合わせてみてください。

私は、専門学校に直接電話して送っていただきました。(¥1,000)

②公証役場に持って行く

地元の公証役場に必要なものを持って行きました!

・申請書

・身分証明書(郵送の場合は必要なし)

・お金

・返信用封筒(郵送の場合のみ)

私は英語で発行していただいたので、高かったですが、日本語の場合はもう少し安いと思いますので、こちらも学校に問い合わせてみてください!(¥11,500)

※電話で予約が必要なところが多いと思います。

③地方法務局に送る(又は持って行く)

公証役場でもらった書類と必要なものを地方法務局に送ります。

わからないことは電話で確認しました!

近くに法務局がある場合は、持って行くこともできます!

・申請書(私は公証役場でもらいました!)

・身分証明書(郵送の場合は必要なし)

・住所などを記入した、返信用封筒(私の場合はレターパック)

④外務省に送る(又は持って行く)

法務局からの書類が届いたら、最後に外務省に書類を送ります。

・法務省から送られた書類

・申請書(こちらから印刷できます)

・法務省と同じく返信用レターパック

⑤完了

外務省から書類が届いたら完了です!!お疲れ様でした!

さいごに

アポスティーユは、難しそうに感じますが私達がすることは、住所を書いたり申請する場所に行ったりするだけなので、実際は簡単です!

調べれば調べるほど文字も多く難しく感じますが、安心して頑張ってください٩( ‘ω’ )و


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です